日本の住宅のゼロエネルギー化をめざす  -ZEHビルダー-      SEKI ARCHITECT DESIGN OFFICE setagaya, tokyo



《ZEHとは》

日本では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)で、「住宅については、2020年までに標準的な
新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ
となる住宅(ZEHという)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
経済産業省資源エネルギー庁は、この目標にむけたZEHロードマップを2015年12月に公表しました。



《ZEHの定義》

以下のすべてに適合した住宅をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と言います。
1.  平成25年・省エネルギー基準を満たした上で、各地域ごとに設定された基準以上のUA値となる
   高い断熱気密性能をもつこと。
2.  エネルギー消費量を設定されている基準エネルギー消費量から20%以上削減すること。
3.  再生可能エネルギー(一般的には太陽光発電)の導入。
4.  再生可能エネルギーが消費エネルギーを上回ること。



《ZEHビルダーとは》

2020.年までに受注する住宅の50%以上をZEHとする目標を揚げる住宅事業者で、
一般社団法人環境共創イニシアチブに登録したもの。
登録後、目標達成状況などを報告する必要があります。



《関年希建築設計事務所のZEH普及目標と実施結果》

関年希建築設計事務所ではZEH普及目標を以下のように定めています。

平成28年 ・ ZEH 5%  Nearly ZEH 5%  合計10%  実施結果: ZEH 0%  Nearly ZEH 0%  合計 0%
平成29年 ・ ZEH10%  Nearly ZEH10%  合計20%  実施結果: ZEH 0%  Nearly ZEH 0%  合計 0%
平成30年 ・ ZEH15%  Nearly ZEH15%  合計30% 
平成31年 ・ ZEH20%  Nearly ZEH20%  合計40%
平成32年 ・ ZEH25%  Nearly ZEH25%  合計50%